チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー シュート ドリブル フォワード ポジション

【必殺の組み合わせ】サッカー ウイングで最も輝くテクニック シザース→カットインシュート

投稿日:

サッカー カットインシュート

サッカーでは、常に相手の予測を上回る予想外の動きから得点が生まれることが多いです。

 

リスクよりチャレンジが許される「ウイング」というポジションでは、相手DFの予測を越えていかに攻めきれるかが重要です。

 

攻撃手段の1つとしてオススメしたのが、ドリブルフェイントとカットインシュートの組み合わせ

シザース→カットインシュートです。

 

それほど複雑な足技ではありませんが、上達すれば面白いほど決まる強力な武器になります。

 

 

今回は「シザース→カットインシュート」の流れと意識するべき点を解説していきます。

 

よろしければ是非ご参考にしてください( ´艸`)

 

シザース→カットインシュートまでの流れ

サッカー カットイン

まず、シザース→カットインシュートまでの流れについて解説していきます。

 

自分がサイドレーン付近の位置でボールを受けた場合を想定しています。

ナナメ前にペナルティエリアがあり、対面に相手DFが一人、すこし離れてもう一人のDFがカバーに入っている状況。

 

この場合、目の前の相手をドリブルで躱してもすぐカバーに来ている相手DFにボールを奪われる危険性があるので、ペナルティエリアへの侵入はチャレンジしにくいかと思います。

 

そこで、上記のテクニックが有効になってきます。

 

まず、シザースフェイントで左右に揺さぶります。

このフェイントの目的は「対面のDFの足を止めること」です。

 

ドリブル突破を狙うわけではないので、2~3回跨いで中側へスライドすれば十分です。

抜き去ることより相手の足を止めてシュートコースを空けさせることが重要です。

 

そしてカットインシュート。

横にスライドするようにカットインしたらカバーのDFがシュートコースを防ぐ前に走った勢いのまま無駄の少ないモーションでシュートを狙ってください。

 

理想はファーサイド側へカーブ性のシュートを撃ちこむと相手GKは非常にセーブしにくいので、ゴール枠内に飛べば、得点できる可能性が高いです!

 

ここまでが理想の流れです。

 

シザース→カットインシュートの意識するべきこと

シザース→カットインシュートで意識するべきことは「スペースの確保とタイミング」です。

 

このフェイントからシュートまでの流れを実行するためには前方とバイタルエリア前にある程度スペースがないとできません。

 

仕掛ける前に周囲のスペースを確認してカットインしてもシュートを撃つだけのフリーな時間が作れるか判断しましょう。

 

そしてシザースからカットインするタイミングです。

相手DFの重心、足の動きを集中して観察して一瞬でもサイド側に重心が流れた瞬間か、足が完全に止まった瞬間が仕掛けるベストのタイミングです。

 

もちろんただ待つだけではいけません。

シザース、あるいは他のフェイントで左右に揺さぶりながらタイミングを計って自ら好機を作り出すのです!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

シザース→カットインシュートは難しい複合テクニックではありますが、多くのプロサッカー選手が得意な武器としてゴールを決めている動画はたくさんあるので、参考になる思います。

 

イメージと練習しながら修正の反復を繰り返すことで、自然とこなせるようになるので是非チャレンジしてみてください!

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

-サッカー, シュート, ドリブル, フォワード, ポジション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー ロングキックが上手くなる蹴り方

こんにちわ チャーミーパパです     今回はサッカーの試合で流れを変えるのに有効な技術、パスワークにおいて正確性がより求められるロングキックについて書いていきます。   …

【攻撃の要になれる】サッカー センターフォワード ポストプレーの重要性

サッカーにおいて最前線で攻撃に起点になることで、中盤や他攻撃陣の選手が攻撃参加できるように時間を作れる選手は非常に貴重です。 質、安定感の高い「ポストプレー」はチームの攻撃の厚みを増やし、相手DFから …

緩急で躱せ! サッカー ウイング 必須テクニック 縦ドリブルのコツ

サイドでドリブル突破できる可能性が高いコース(ドリブルで進む方向)はやはり縦のコースです。   スペースができやすく、相手DFがボールを奪いに来る方向も限られています。 ゆえにウイングのポジ …

サッカー日本代表 リヴァプール 南野選手の適性ポジション

こんにちわ   チャーミーパパです       今回は先日の親善試合ブラックプール戦でMOM級の活躍をした南野選手について書いていこうと思います   …

サッカー 日本代表対カメルーン 試合を観た感想と日本代表の課題とは?

こんにちわ   チャーミーパパです     先日10/10 に約10か月ぶりのサッカー男子日本代表戦がありました   対戦相手は強豪カメルーン代表   …