チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー パス ミッドフィルダー

ゲームメイカー必見! サッカー 司令塔タイプがサイドハーフで活躍するには

投稿日:

サッカー 司令塔

サッカーには様々なプレースタイルがありますが、1つのスタイルとして長短のパスやスルーパスが得意な司令塔タイプの選手がいます。

自分が司令塔タイプの場合、多くの人が中央でのポジションを得意としており、トップ下やボランチのポジションでプレーする機会が多いのではないのでしょうか?

しかし、チームのフォーメーションの事情や自身の他能力、チームメイトとの組み合わせの関係でサイドハーフに配置される場合もあります。

ゲームメイカーにとってはサイドを上下に走るサイドハーフは良さが出ないと思われがちですが、サイドハーフならではの司令塔タイプが活きる動き方があります。

今回はそんな司令塔タイプの選手がサイドハーフで活躍するポイントについて解説します。

よろしければ是非ご参考にしてください。

 

サイドハーフは中央よりも視野の確保とプレスの圧力の負担が少ない

サッカー サイドハーフ

司令塔タイプにとってサイドハーフが中央のポジションより優れている点は、視野の確保とプレスの圧力の負担が少ないことです。

トップ下やボランチは360度の視点で常に相手のプレッシャーを受ける可能性があるので、不用意にボールキープは出来ず、ボールロストすれば一気にチームがピンチになるのでキープ能力や広い視野を求められます。

ゲームメイクが得意でもボールキープ能力に難がある選手は意外に多く、中央のポジションではボールを受けることすら難しく能力を発揮できないことは多々あります。

しかしサイドハーフなら中央のポジションよりボールを受けやすい頻度、ゴールに向かいやすい位置で受ける機会が減る分、180度の視野の確保で済みますし、相手のプレスにも広いスペースがある分、躱す余裕ができます。

サイドハーフはスピードやドリブルテクニックが武器の選手が務めると思われがちですが、ゲームメイカータイプにも向いているポジションといえます。

 

サイドハーフならではのゲームメイクができる

サイドハーフは、中央のポジションとは異なるゲームメイクが可能なポジションです。

サイド側のポジションは、相手DFラインを横から見れる分、味方のライン際の裏抜けの動きや

逆サイドまで見渡しやすいのでパスのタイミングを合わせやすい利点があります。

また、サイドはスペースが出来やすくスペースがある分、自由なプレーを選択できます。

時には中央に寄る動きをして、疑似トップ下やボランチのような動きもチームの攻撃の形が出来やすくなるので有効です。

 

おわりに

サイドハーフは中央よりもボールを受ける位置は限定的になりがちですが、その分、攻守で自由にプレーしやすくなるメリットもあります。

あなたがもし、ゲームメイクが得意でも中央のポジションが出来ない時は、サイドハーフでこそできるプレースタイルを追い求めてみてはいかがでしょうか?

 

 

ではでは、また~~~~~

-サッカー, パス, ミッドフィルダー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー 日本代表 メキシコ戦 解説と個人的見解!

  先日、サッカー日本代表対メキシコ代表戦が開催されました。   コロナ蔓延の影響でオーストリアはロックダウンし開催が危ぶまれましたが、なんとか無事試合を終えれて良かったです&#x …

サッカー ディフェンスの極意③

こんにちわ。チャーミーパパです。     前回に続いてディフェンスにおいて重要なこと チームにおいてポジションごとの守備役割を書いていきます。   前回をご覧でない方はこ …

サッカー オフ・ザ・ボール 動きのポイント

こんにちわ   チャーミーパパです     今回はサッカーにおいて試合中ほぼ全ての時間で行う「オフ・ザ・ボール」の動きについて書いていこうと思います。   &n …

サッカー ディフェンス

裏抜けを極めろ サッカー セカンドトップ シャドーストライカーの動き方

サッカーのポジションの1つである「セカンドトップ」   フォワードでありながら、最前線からやや下がり気味の位置になるポジションなので、相手DFのプレスを背負う負担が少なくなることで「常にゴー …

【CFの必須テクニック】サッカー センターフォワードでの振りむきターン&シュートのコツ

センターフォワード(CF)というポジションを経験したことのある方なら、感じたこともあるかと思いますが   相手ゴールに最も近い位置にいることでDFからのプレッシャーを背負うことが多く、ペナル …