チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー ボールタッチ ポジション

サッカー 【オフ・ザ・ボール 動きの質が変わる!】パス&ゴーの習慣化

投稿日:

サッカー界において日本と欧州で大きく差があるのが「ポジショニング」と言われています。

 

適切な場面で正しい位置に常にいて、次の選択すべきプレーを判断してボールを受ける動きや相手の攻め方に合わせて周囲と連携しながら守備位置を明確にしたりなど

 

日本のサッカーチームでは曖昧に感覚で覚えているところも多いのが現状です。

 

そして攻撃時、ポゼッションをする際に重要な要素が「パスを出した後の動き」です

パス&ゴー、これが習慣化していない選手がたくさんいます。

 

もちろん足を止めて受けやすい位置をキープし続けるのも重要です。

しかしプレスが厳しい場面や対面する相手選手にフィジカルで劣る場合は動き出しで勝つしかありません。

 

今回はパス&ゴーを習慣化する重要性とコツについて書いていきます。

よろしければ是非、ご参考にしてください( ´艸`)

 

パス&ゴーの重要な理由は選択肢の増加とプレーの負担の軽減されるから

パス&ゴーの動きが重要な理由は「選択肢の増加と次のプレーを行う際の負担が軽減されるから」です。

 

通常、中盤から前線に縦のパスを入れれば、そのまま試合展開に合わせて見守る、自身の今、位置する場所を守るように動く選手も多いですが、これではいけません。

 

サッカーは常に動き続けるスポーツです。

パス&ゴーでパスを出した後も出した先に合わせて動くことで、パスを受けた選手の選択肢は増えて余裕が生まれます。当然、相手も守りにくくなります。

 

更にパス&ゴーで動き続けることで、仮にそのあとパスが来なくても囮の動きにもなり、相手の守備時の判断を迷わせます。

 

これが結果的に自身、味方の次のプレーの負担を軽減する役割に繋がるのです。

 

パス&ゴーのコツはボールを蹴った勢いで自身も流れるように動く

パス&ゴーのコツはパスをした際にボールを蹴った勢いそのまま、自身も動くことを習慣化することです。

 

パスを出した後の次の動きを考えてなかったり、ゴール前にチャンスになりそうなキーパスを出した際、つい見送るような形で足が止まってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

パスを出した後もすかさず動くためには、蹴った勢いそのままに次のボールを受けるべきポジションへ走り出すようキックするのが良いでしょう。

 

もちろん次のプレーを意識しないとただただスペースを空けてしまうだけになってしまうので、そこは状況判断しないといけません。

 

相手がボールを奪いにプレスを仕掛けてきた際、素早く味方へ預けてプレスにきた相手選手の裏の空いたスペースへすぐ動き出してボールを受けるなど、効率的な動きを習慣化しましょう!

 

動き続けるのは体力も必要ですが、習慣化していけば疲労面も最低限にしか感じなくなります。

習慣化は身体も脳も負担を減らせて無駄を無くせるのです。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

パス&ゴー 次の動きの習慣化は今からでも練習し習得できる簡単な技術ながらサッカーにおいてレベルが高くなればなるほど必須の要素です。

 

しかし技術的な要素はなく、誰でも出来ます。必要なのは無意識でも出来るようになるための練習量だけです。

是非、身に付けてくださいね!!

 

 

 

 

ではでは、また~~~~~

 

 

 

 

-サッカー, ボールタッチ, ポジション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー ポストプレーの究極系!フリックプレーのコツ

ポストプレーはサッカーにおいて「攻撃に他選手が前線まで上がる時間=タメを作る」、「スペースを作り味方を活かす」など重要なプレーの1つです。   ただ、ポストプレーをする際はボールを守るように …

サッカー コンドゥクシオン 運ぶドリブルのコツ

おはこんにちわ     チャーミーパパです     今回はドリブルの概念的なお話になるのですが、ドリブルには大きく分けて   相手を抜くドリブルとボー …

サッカーに活かせる 走り方①

こんにちわ。チャーミーパパです。今回はサッカーに活かせる走り方について書いていきます。サッカーは常に動き続けるスポーツですよね?・体力に自信がない・速く走れない・走る時の手足を動かす動作が噛み合わない …

サッカーがより上手くなる!首振りで視野確保のコツ

サッカーのおいて全てのプレーの質を向上させるテクニックがあることはご存知ですか?   それは視野の確保です   自分と年齢差のある子どもとサッカーしていると視野が広く落ち着いたプレ …

サッカー サイドハーフ

【駆け引きで勝つ】サッカー センターフォワード 裏抜けの動き

センターフォワード(CF)にとってDFラインとの駆け引きは自身がゴールを狙う上でも必ず勝たないといけません。   特にDFラインの裏を突くために裏抜けの動きは身に付けないと駆け引きに勝つのは …