チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

キック サッカー

サッカー アウトサイドキックの利点 コツ

投稿日:

 

 

 

 

こんにちわ

 

チャーミーパパです

 

 

今回はトリッキーなキック技術の1つ「アウトサイドキック」について書いていきます

 

 

アウトサイドキックは、普通のインサイドキックに比べて難易度はやや高くなり

 

逆足でボールを蹴れればそれほど使う機会があるとは言えないテクニックだと思っていませんか?

 

 

アウトサイドキックには他にはない利点がありコツさえつかめば簡単です!

 

 

下記よりその点について書いていくので、是非ご参考にしてください!

 

 

1.相手に読ませずあらゆる場面で使える

アウトサイドキックはフェイントの混じったキックができるので

あらゆる場面で意表をつきやすい利点があります!

 

 

 

サッカーにおいて守備の予測を超えて意表を突き続けるかは非常に重要な要素です

 

アウトサイドキックはキックモーション、振り抜く足の方向や軸足とは逆方向に蹴ることができるので、相手もぎりぎりまで判別ができません

 

 

もう1つの利点としてキックモーションが振りの少ないテイクバックかつ自然な動きから蹴れます

 

これを活かしてノールックパスやドリブル中のシザースに混ぜてアウトサイドキックするなど

 

 

フェイントに混ぜて蹴れるので、相手に予測させない意表を突くプレーができるのです!

 

 

2.インサイドキックよりも足首の動きを意識する

アウトサイドキックのコツは足首の動きをより意識して蹴ることです

 

 

 

インサイドキックのように蹴りやすいキックモーションではなく内側から外側へ下半身を動かすので力をボールに伝えにくいキックモーションになるかと思います

 

その分、足首の動きが力や回転をボールに伝えるためには重要になるので

 

まっすぐ飛ばすときはしっかり固定して弾く、回転をかけるときはインフロントよりも擦るイメージで蹴るなど1工夫が必要です

 

 

ただし全身で力や回転をかけようとしすぎないのも注意するべき点です

 

 

元々蹴りにくい体勢なので、力を入れるとモーションがどうしても大きくなります

 

姿勢も無理がかかりやすくなるので、完全フリーの場面以外は相手に防がれやすくなってしまいます

 

そうなるとアウトサイドキックの利点が消えてしますので注意しましょう(´;ω;`)

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

アウトサイドキックは私自身も得意なプレーの1つです

 

通常のタイミングでは蹴れないボールも蹴れるので相手の不意を突ける強力な武器になります!

 

 

 

 

是非、モノにして試合の中で流れを変えるトリッキーなプレーを決めてください( ´艸`)

 

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

 

-キック, サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー トップ下

【エースストライカーになるために】サッカー センターフォワードの役割と意識すること

サッカーにおいて勝つために必要なのはまず「ゴール」ですよね? そのゴール、つまり得点することを最も求められるポジションはCF=センターフォワードです。   センターフォワードは現代サッカーに …

サッカー日本代表

サッカー 日本代表 オマーン戦を観た感想

先日、ワールドカップアジア予選である日本代表対オマーン戦が行われました。   日本にとってホームでオマーン代表に完敗している状況で、グループ3位と崖っぷちの状況。   なんとしても …

サッカー ドリブルテクニック 裏街道のコツ

こんにちわ チャーミーパパです     今回はドリブルテクニックの1つ「裏街道」について解説とコツを書いていきます   スピードを最大限に活かした一撃必殺いえるテクニック …

サッカー ボランチのサイドチェンジで意識するべき動きとは?

サッカーのポジションの1つである「ボランチ」の役割としてゲームメイクがあります。 ゲームメイクと言っても様々ですが、パスを出すサイドを意図的に変えて右サイド、左サイド、中央と万遍なく攻めるなど、相手の …

サッカーが上手くなるコツ パス

こんにちわ。チャーミーパパです。今回はサッカーが上手くなるコツ パス編です。パスする時、何を意識していますか?技術的な部分だけでなく、思考面のところも具体的な個所を書いていければなと思います。 まずは …