チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー 趣味記事

サッカーが上手くなるコツ パス

投稿日:2019年9月10日 更新日:

こんにちわ。チャーミーパパです。



今回はサッカーが上手くなるコツ パス編です。

パスする時、何を意識していますか?


技術的な部分だけでなく、思考面のところも

具体的な個所を書いていければなと思います。


まずは足の当てる箇所 

初心者の方にも分かりやすくなる様、基礎からお話しすると



まず足の内側の横、インサイドと呼ばれる個所ですね。



そこへボールの中心と足のインサイドをしっかりとミートする。



これが、インサイドキックです。


蹴る力が強ければ強いほど、ボールに勢いもつきますが、

ボールの中心を蹴るのも難しくなるので、

ボールが浮いたり、真っすぐ飛ばなかったり上手くいきにくいです。

サッカー, 目標, スポーツ, 再生, 競争, ゲーム, フィールド, 草, チーム, プレーヤー, ボール

そこで、ツーポイントの意識する点があるので、

そこを深掘りしてきますね。

上半身の姿勢 

強く蹴ろうとすると、上半身が後ろにのけ反りがちです。


遠くに飛ばす場合はそれでもいいのですが、今回は近くの味方に

コロコロと地面から浮かさず飛ばすための蹴り方です。


パスを出す味方をしっかりと見て、そのあとにボールへ視線を移します。


そして上半身はやや前に倒すようなイメージです。


倒しすぎは視線がボールばかりにいってしまいますので気を付けてください。


最初は力はできるだけ抜いて、ゆっくりでいいので、

確実に上半身を意識して蹴れるようにしましょう。

足のインパクトの感覚

インサイドでボールを蹴るとき

蹴る意識より「ボールを足のインサイドで押す」イメージがやりやすいです。


力入れて蹴ろうとすると余計な力や足を振り抜くような動きが

どうしても強くなってしまうので正確なパスが難しいです。



でもこの、足のインサイドで押すイメージを掴んで蹴れば、

強い力で蹴っても真っすぐ正確に蹴れます。

サッカー, ゴールにシュートします, ドアの夫, ナイキ, 水銀の, ショット

慣れたら意識すること 

上記のことが、慣れて無意識にこなせるようになったら、


味方のことを考えたパスをしましょう。



例えば味方が止まっている時に味方の前方に転がるような強いパスは

急にきてもトラップすらできず、ボールに追いつけない場合もあります。


相手が近くにおらず、味方が止まって

パスが来るのを待っている場合は、優しく正確なパス

相手が近くにいる場合は、比較的強く相手が遠いほうの足へパス


などなど、場面や味方の状況を判断してパスを出すのが

上手いパスのコツです。


だって味方が受けれるパスじゃないと意味ないですもんね笑

終わりに 

いかがでしたか?


これがパスの基礎になりますが、味方のことを意識したパスが

出来るようになればサッカーがグッと面白くなります


是非ここは、根気よく完璧になるまで練習することを

オススメします( ´艸`)


ではでは、また~~~

-サッカー, 趣味記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元バイトリーダーによる  独断偏見のセブンイレブン押し商品①

こんにちわ。元セブイレバイトリーダーもとい、チャーミーパパです。 私、大学時代にセブンイレブンで約2年程度のアルバイト経験があり、当時はバイトリーダー(正式名はシフトリーダー)として通常のコンビニ店員 …

コロナウイルスに負けるな サッカーの魅力の再認識

こんにちわ   チャーミーパパです       最近は皆さんどうお過ごしですか?     巷はコロナウイルスの影響で学生の卒業式、各企業や飲 …

自宅で出来る!  サッカーが上手くなるための必要なこと

こんにちわ   チャーミーパパです     相も変わらずコロナウイルスの影響で外出自粛のを余儀なくされてサッカーも出来ない状況が続いています(´;ω;`)   …

サッカー 深視力とは? 距離感を見切る重要性

      こんにちわ   チャーミーパパです     今回は少し難しい話になりますが「深視力」について書いていきます   &nb …

サッカー日本代表 トップ下でエース 南野拓実選手の凄い所①

こんにちわ。チャーミーパパです。     今回はリバプールに移籍したことで話題を呼んでいるサッカー日本代表 南野選手の凄いところについて書いていきます。     …