チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー ディフェンス ミッドフィルダー

実は超重要!サッカー サイドハーフ 基本的な守備の動き

投稿日:

サッカー ディフェンス

サッカーのディフェンスにおいて、中央を守りながらサイドにボールを保持している相手選手を追い込んで、嵌めとるという動きはサッカーにおいて守備の基本であり、真髄です。

サイドハーフ、サイドバックの守備の動きは、特にボールを奪い取るという意味でも組織的な動きを理解しているかで成功率が大きく変わります。

今回はそんな大事な守備の中でも、サイドハーフの守備の動きについて解説します。

よろしければ是非ご参考にしてください。( ´艸`)

 

中央の守りを重視して相手サイドバックにボールを持たせる

サッカー チーム 守備

サイドハーフの基本的な守備の動きは相手のボランチへのパスコースを消しつつ、相手サイドバックにボールを持たせることです。

相手DFライン、あるいはGKからショートパスを繋いで攻撃が始まることが多い昨今のサッカーでは、DFラインでボールを回しながら、効果的な位置で中盤に繋げるかが重要です。

逆に守備側の意識で考えると、まずは中盤にパスを入れさせないよう守る必要があるわけです。

相手ボランチが前を向いた状態でボールを持たれると好き放題パスを通されてしまいます。

それを防ぐために中央のパスコースをなくし、相手サイドバックが引いた低い位置でボールを持たせるよう追い込む守備が有効なのです。

 

縦パスのコースを消しつつサイドでボールを嵌めとる

サイドハーフの守備の重要なポイントは縦パスのコースを消しつつサイドでボールを嵌めとることです。

まず、相手センターバックがボールを持っている場合、ボランチや中盤への縦パスコースを消すために中央寄りに立ってボールを奪いに行くより、近くの相手中盤の選手にやや張り付くように守ります。

かつ、相手サイドバックへパスが出た時、即座にボールを奪うために寄せないといけないので、近すぎず、遠すぎない両方に寄れる距離感を保つことが重要です。

考え方として、相手センターバックがサイドバック以外へのパスコースがなく、焦ってパスを出した場合などはボールを嵌めとるチャンスです。

狙いすましたようにサイドバックへ寄せていき、中とナナメのパスコースは必ず消しながら動きましょう。

サイドバックにサイドへの縦パスのみパスコースに絞らせることが出来れば、ボールを奪えるチャンス、味方サイドバックと連携してボールを嵌めとれます。

ここまでの一連の流れがサイドハーフでの守備の基本的な動きです。

 

おわりに

サイドハーフは攻守で貢献を求められるポジションです。

攻撃だけでなく、守備でもチームがボールを奪い取るために効率的な動きは重要視されています。

高い位置でボールを奪えれば、一気にゴールも狙えるのでボールを嵌めて奪える守備の動きを体に叩き込みましょう!

 

 

 

ではでは、また~~~~~

 

 

 

-サッカー, ディフェンス, ミッドフィルダー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー漫画 アオアシ 21巻 読んでみて感想 

こんにちわ   チャーミーパパです     今回はコメントを書いていくような記事になるんですが     私が熱狂的なファンであるサッカー漫画「アオアシ …

サッカー サイドバック

【多種多様なプレイスタイル】サッカー サイドハーフの役割

みなさんはサッカーのサイドハーフというポジションの経験はありますでしょうか?   サイドの中盤に位置し、現代サッカーにおいて非常に重要なサイドの攻防を担当するポジションですが、プロのサッカー …

サッカー 日本代表 メキシコ戦 解説と個人的見解!

  先日、サッカー日本代表対メキシコ代表戦が開催されました。   コロナ蔓延の影響でオーストリアはロックダウンし開催が危ぶまれましたが、なんとか無事試合を終えれて良かったです&#x …

サッカー ボールキープ

【攻撃の要になれる】サッカー センターフォワード ポストプレーの重要性

サッカーにおいて最前線で攻撃に起点になることで、中盤や他攻撃陣の選手が攻撃参加できるように時間を作れる選手は非常に貴重です。 質、安定感の高い「ポストプレー」はチームの攻撃の厚みを増やし、相手DFから …

サッカー インサイドキックの重要性

こんにちわ   チャーミーパパです     今回はサッカーの基本かつ最重要な蹴り方   インサイドキックについて書いていきます     シン …