チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー スピード ドリブル フォワード

緩急で躱せ! サッカー ウイング 必須テクニック 縦ドリブルのコツ

投稿日:

サッカー 縦ドリブル

サイドでドリブル突破できる可能性が高いコース(ドリブルで進む方向)はやはり縦のコースです。

 

スペースができやすく、相手DFがボールを奪いに来る方向も限られています。

ゆえにウイングのポジションで重要になってくる個人能力が「縦ドリブル」です。

 

縦ドリブルを成功させれば、その後の得点チャンスが一気に大きくなりますが、「足が速くないと難しい」「ドリブル技術に自信がない」など、つい中央へのカットインに偏ってしまったり突破するのをためらって相手に囲まれたりしていませんか?

 

 

今回は身に付ければ大きな武器になるウイングなら必須テクニックである「縦ドリブル」について解説していきます。

 

よろしければ是非、ご参考にしてください( ´艸`)

 

縦ドリブルのコツは加速力ではなく緩急

サッカー ドリブル

縦ドリブルを成功させるためのコツは単純な加速力より速さの「緩急」が重要です。

 

縦にドリブル突破する際は、まず縦への突破が有効か判断しましょう。

自分がボールを受けた状態で、「後ろぎりぎりがサイドライン」「自分の内側に最も近い相手DFがいる」「縦のコースを別の相手DFに防がれていない」といった状況ならチャレンジの価値ありです。

 

そして縦ドリブルを行う際は、一気に加速してスピードに乗ることも重要ですが、それ以上にストップ&ゴー、つまり限りなく止まっている状況からスピードに乗ったドリブルをすることで緩急でのフェイントを意識しましょう!

 

緩急差でフェイントをかけることで、0に近いスピードに歩幅を合わせるために相手DFは足を止めないといけません。

そこから相手よりも速く、一気にスタートすればスタートダッシュの分、相手はリアクションで動くのでどうしても足が遅れます。

 

その隙を突いて一気にドリブル突破するのです。

 

縦ドリブルを成功させるために相手との距離と角度を意識する

縦ドリブルを仕掛ける際は、対面する相手DFとの距離、角度も重要です。

 

縦突破をする際は、真正面に相手DFがいればまず突破はできないでしょう。

 

ナナメ45度も仕掛けやすいように見えて相手DFと五分五分なので成功率が高いと言えません。

 

真横に近い70度くらいの角度に細かいボールタッチで近づけたら仕掛けるチャンスです

 

そこから緩急差を大きく急停止、急加速を行えばこちらが有利な状況でドリブル勝負ができるので、もともと足が速くなくてもタイミングさえばっちりなら縦突破は充分可能です!!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

ウイングにとって「縦ドリブル」の技術は頼りになるドリブル技術ですし、シザースやエラシコといった技術要素が多いフェイントではないので、比較的簡単です。

 

重要なのは緩急とタイミングです!

是非、感覚を身につけてサイドを縦横無尽にドリブル突破できる選手に成長しましょう!!

 

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

 

-サッカー, スピード, ドリブル, フォワード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー インフロント・キックの蹴り方、利点①

こんにちわ   チャーミーパパです     今回は中上級者向けのキックになりますが、カーブ回転やカットインシュートには欠かせない技術「インフロント・キック」の蹴り方と利点 …

サッカー ドリブル シザースのコツ

こんにちわ チャーミーパパです!     今回はドリブルテクニックの1つ「シザース」についてのコツを書いていこうと思います     ドリブルテクニックの中では使 …

サッカーが上手くなれる! ボールタッチの仕方

こんにちわ。チャーミーパパです。     今回はサッカーのあらゆる場面で使えるボールタッチの仕方について書いていきます。     ボールタッチは足という不自由な …

サッカーの選択肢が増える! ループパスの解説とコツ

サッカーにおいてトリッキーなプレーとしてゴール前に浮き球でパスを通す「ループパス」を見たことはありませんか?   ゴール前をどん引きで固められてスペースのない状況でも局面を打開できるプレーの …

【CFの必須テクニック】サッカー センターフォワードでの振りむきターン&シュートのコツ

センターフォワード(CF)というポジションを経験したことのある方なら、感じたこともあるかと思いますが   相手ゴールに最も近い位置にいることでDFからのプレッシャーを背負うことが多く、ペナル …