チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー フォワード ポジション

【シャドーストライカー】サッカー セカンドトップの役割 トップ下との違い

投稿日:

サッカー セカンドトップ

皆さんは「セカンドトップ」というポジションはご存知ですか?

 

フォーメーションにて、フォワードを2枚配置する場合にツートップの1角をやや下がり目に配置するポジションになるのですが

 

オフェンシブミッドフィルダー、つまりトップ下と似た位置にポジションがありながら、役割は大きく異なります。

 

今回はセカンドトップの役割とトップ下との違いを解説していきます。

よろしければ是非ご参考にしてください( ´艸`)

 

 

セカンドトップの役割

サッカー セカンドトップ

セカンドトップの役割は「決定機を作るチャンスメイク」と「決定機を確実にゴールする」ことです。

 

通常のフォワードよりもポストプレーやボールを収めてキープする動きは少なくなる分、ラストパスや裏への抜け出しなど決定機により自ら作る、ゴールに絡むことを求められます!

 

相手DFラインと駆け引きしながら裏を狙う動きをすることで、相手DFを引きつけたりDFラインを下げさせるなど、スペースを活かす動きをしながら虎視眈々とゴールを狙うわけです。

 

ゆえに「シャドーストライカー」と呼ばれるポジションでもあります。

 

最前線で競り合うフォワードの周りをサポートするような動きをしながらポストプレーで落とされたボールを受けてチャンスに繋げるのも重要な役割です。

 

トップ下との違い

トップ下との違いは、「中盤でゲームメイクするかどうか」です。

 

トップ下は状況に応じて下がりながらボールを受けて味方へパスを繋げる動きが必要ですが、セカンドトップはそういったゲームメイクに関わるよりもゴールを目指す裏抜けの動きを求められます。

 

ゴール前でチャンスメイクを行うという点では同じ役割を背負っていますが、トップ下よりもセカンドトップの方がゴールに近い位置の分、個人の結果を求められるポジションです。

 

ゆえにドリブル突破やシュート技術などより個人能力を求められる傾向があります。

 

チームのリズムを作るよりゴール前でいかにチャンスやゴールを生み出せるか、違いを作り出せるか

チームが勝つための重要なエースポジションともいえるかもしれません。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

スリートップの配置も多い昨今のサッカーフォーメーションですが、ツートップを採用するチームでは、チームのエースがセカンドトップを務めることが多いポジションです。

 

守備の負担も少ない分、攻撃に専念しやすいですし「自由」を与えられているポジションなので、実際にやってみると、とても楽しいポジションでもあります。

 

もし挑戦する機会があれば、是非チャレンジしてみてください!!

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

 

 

 

-サッカー, フォワード, ポジション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サイドハーフ ドリブル

【エゴイストであるべきか否か】サッカー センタフォワード 攻撃時の意識するポイント

サッカーの試合展開においてゴール前でシュート、パスどちらも選択できる場面、チャンスシーンは必ずあると思います。   特にセンターフォワードは最前線にいるので、こういった機会が特に多いのではな …

点がとれない人向け サッカー シュートする際の駆け引き

こんにちわ。チャーミーパパです。今回はサッカーで重要な「シュート」について書きます。「なかなか点が取れない」、「緊張して大事な場面で外してしまう」、「キーパにシュートが止められやすい」私は特に緊張しや …

no image

サッカー 試合中の人種差別チャントについて

こんにちわ   チャーミーパパです。     今回はある試合であってはならない事がニュースで取り上げられており、個人的に思うことがあったので、書いていこうと思いました & …

コロナウイルスに負けるな サッカーの魅力の再認識

こんにちわ   チャーミーパパです       最近は皆さんどうお過ごしですか?     巷はコロナウイルスの影響で学生の卒業式、各企業や飲 …

サッカー サイドハーフ

【駆け引きで勝つ】サッカー センターフォワード 裏抜けの動き

センターフォワード(CF)にとってDFラインとの駆け引きは自身がゴールを狙う上でも必ず勝たないといけません。   特にDFラインの裏を突くために裏抜けの動きは身に付けないと駆け引きに勝つのは …