チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー パス フォワード

【精度が大事】サッカー ウイング サイドからのクロスで意識すること

投稿日:

サッカー クロス

現代サッカーにおいてサイドアタックをいかに成功させるかが試合の勝敗に大きな影響を与えます。

ウイングのポジションならサイド攻撃で相手DFを躱して、中央ゴール前付近へクロスを供給するシーンはよくありますし、味方へ決定機を作り出す役割を求められます。

 

しかしトップスピードで動くことが多いウイングというポジションでは、ほぼ全速力で走りながらクロスを蹴る場面もあり、蹴ること自体が難しいです。

 

今回、ウイングのポジションで「クロスを蹴る際に意識するべきこと」について書いていきます。

 

よろしければ是非ご参考にしてください( ´艸`)

 

クロスは味方が合わせやすい精度が命

サッカー クロス

 

クロスは味方がゴールあるいはトラップしやすい精度で蹴りこむことが非常に大事です。

 

状況に応じて、どの場所に、どの味方へクロスを供給するかなど判断して狙った場所へしっかり飛ぶボールを蹴らないといけません。

 

もちろんスピードに乗ってドリブルしている状況から精度の高いクロスを蹴ることは簡単ではありません。

 

だからといって、とりあえずチャンスになりそうだから適当に蹴りこもうとすると、せっかく運んだボールがコート外に飛んで相手ボールになったり味方の士気を下げる原因になります。

 

状況を確認して、自分がどういう狙いで、味方にどんなプレーをしてほしいかイメージして

 

「しっかりとした狙いのある丁寧なクロス」を意識してください!

 

クロスの精度を高めるには蹴る姿勢を崩さない

高精度のクロスを蹴るためにはクロスを蹴る際に姿勢を崩さず、綺麗なフォームで蹴れる状態でいることです。

 

しっかりと狙いを定めて、姿勢は真っすぐ維持できれば狙い通りのコースへ蹴ることは出来るはずです。

逆に姿勢が崩れた状況では、技術があっても精度を保ってクロスを蹴りこむのは難しいです。

 

トップスピードの状況でも、高精度のクロスを蹴るためのコツは蹴る寸前はスピードを少し緩めるワンタッチをしてボールと姿勢を安定させましょう。

 

実は余裕があるのに、「早く蹴りこまないと!」と焦って蹴れば上手く狙い通りには飛びません。

 

「ドリブルで運んでいるボールタッチが乱れていない」「姿勢がしっかりしている」

この2点を守れるよう意識して取り組めば、クロスの蹴りやすさが段違いです!!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

クロスは精度が命です。

精度を高めるためには技術だけでなく、自分の技術を100%引き出すための姿勢、状況を作り出すことを意識しましょう。

 

そうすれば間違いなく上達するので、繰り返し動きながらのクロスを蹴る練習を行ってみてください!

 

 

 

ではでは、また~~~~

-サッカー, パス, フォワード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー アウトサイドキックの利点 コツ

        こんにちわ   チャーミーパパです     今回はトリッキーなキック技術の1つ「アウトサイドキック」について書いて …

サッカー日本代表

負けられない試合 サッカー日本代表 日本対韓国 ハイライト解説

3/25 1年4か月ぶりの日本ホームスタジアムでの代表戦が開催されました。 しかも今回は日本のアジア最高のライバル「韓国」との試合です。 これは見逃せないと、夜からテレビ前に待機して試合を観戦しました …

【サイドで得点を演出する】サッカー ウイングの役割と意識すること

現代サッカーにおいて花形ポジションといえるのがサイドの最前線に位置する「ウイング」です。 メッシ、C・ロナウド、ネイマールなど世界でも1、2位を争うトップクラスの選手が務めているポジションです。 &n …

サッカー ボールコントロール向上のヒント

こんにちわ     チャーミーパパです   Jリーグの再開、東京オリンピックも延期になり悲しい限りです(´;ω;`)     ですが、めげずにサッカー …

サッカー ボランチ

サッカー 【オフ・ザ・ボール 動きの質が変わる!】パス&ゴーの習慣化

サッカー界において日本と欧州で大きく差があるのが「ポジショニング」と言われています。   適切な場面で正しい位置に常にいて、次の選択すべきプレーを判断してボールを受ける動きや相手の攻め方に合 …