チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー ドリブル ボールタッチ

サッカー コンドゥクシオン 運ぶドリブルのコツ

投稿日:

おはこんにちわ

 

 

チャーミーパパです

 

 

今回はドリブルの概念的なお話になるのですが、ドリブルには大きく分けて

 

相手を抜くドリブルとボールを運ぶドリブルが存在します。

 

 

今回は後者である運ぶドリブル、スペイン語でコンドゥクシオンについて書いていきます!

 

 

 

 

 

運ぶドリブルは軽視されがちですが、戦術として出来る出来ないでは選手として大きな差があり

 

 

タイミングと駆け引きの点を理解しないと相手にボールを奪われる可能性を高めてしまう危険なプレーになってしまうので

 

 

きちんと理解して適切なタイミングで使えれば試合をコントロールするのに重要な要素になるのでぜひ参考にしてください!!

 

 

1.ボールを運んで相手を引き付ける、押し込む、迷わせる

運ぶドリブルの目的は敵陣にボールを運びつつ相手に選択肢を与えて迷わせることです!

 

 

どういうことかというと

 

 

 

 

ボランチやDFなど比較的相手ゴールから遠く、相手のプレッシャーが薄い場面でボールを持っている時

 

相手はボールを奪うことを考えていますが、やみくもに突っ込んでも奪えないのは分かっているのでパスコースを消しながら徐々に距離を詰めようとします

 

 

 

 

こちらも動かず待っていてはどんどんパスが難しくなってしまいますが、この状況を逆手に取りボールを前に運べば

 

新たなパスコースが出来たり、相手を引き付けて確実なコースにパスを繋げて味方のフォローしたりと相手を迷わす選択肢を与えるため

つまりゲームメイクをするための手段として有効なドリブルなのです

 

2.使うタイミングは見極める

ドリブルが得意な選手にありがちですが

 

運ぶドリブルは味方が上がってくる時間を作るためだけに使ってはいけません

 

 

 

 

球離れが悪くなる原因になりますし、ドリブルをしている間は相手がボールを奪えるチャンスでもあるので「絶対に奪われない」のが最重要な運ぶドリブルにとって敵陣に入り過ぎるのは危険です

 

ドリブルでコネコネして相手に奪われカウンターは最悪です

 

 

相手を引き付けて絶対取られない距離、間合いを意識しつつあくまで味方に動く時間とパスへ繋げるためのドリブルであることを念頭においてプレーしてください

 

 

 

 

それを理解したうえで使うと考えれば、使うタイミングがわかってきますが

 

例として1つはDFラインからのビルドアップとして味方との距離が遠い場合に近づきながらパスの選択肢を増やすためとして

 

他にはボランチが相手にパスコースを切られている時に安全なスペースへドリブルで運ぶながらパスコースを作る時などなど

 

 

自分の周囲に安全なスペースがあり、パスよりも相手を押し込めるとき有効です!!

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

 

運ぶドリブルが適切に使えれば相手からすると非常に厄介な選手になれます

 

 

意外と難しいですが、どんどんチャレンジして是非身に付けてください( ´艸`)

 

 

 

 

 

ではでは、また~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-サッカー, ドリブル, ボールタッチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー インフロント・キックの蹴り方、利点①

こんにちわ   チャーミーパパです     今回は中上級者向けのキックになりますが、カーブ回転やカットインシュートには欠かせない技術「インフロント・キック」の蹴り方と利点 …

サッカー 日本代表対カメルーン 試合を観た感想と日本代表の課題とは?

こんにちわ   チャーミーパパです     先日10/10 に約10か月ぶりのサッカー男子日本代表戦がありました   対戦相手は強豪カメルーン代表   …

サッカーに活かせる 走り方①

こんにちわ。チャーミーパパです。今回はサッカーに活かせる走り方について書いていきます。サッカーは常に動き続けるスポーツですよね?・体力に自信がない・速く走れない・走る時の手足を動かす動作が噛み合わない …

サッカーにおける運動量の重要性

こんにちわ   チャーミーパパです       今回は私自身の得意分野(?)といえる運動量について書いていきます       サッ …

緩急で躱せ! サッカー ウイング 必須テクニック 縦ドリブルのコツ

サイドでドリブル突破できる可能性が高いコース(ドリブルで進む方向)はやはり縦のコースです。   スペースができやすく、相手DFがボールを奪いに来る方向も限られています。 ゆえにウイングのポジ …