チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー ドリブル

サッカー ドリブル シザースのコツ

投稿日:

こんにちわ

チャーミーパパです!

 

 

今回はドリブルテクニックの1つ「シザース」についてのコツを書いていこうと思います

 

 

ドリブルテクニックの中では使いやすく、使える場面も多い万能なドリブル技術です

 

 

でもこのテクニックの意味と相手をフェイントにかけやすくするポイントを知っておかないとボールを奪われる隙を与えるだけになってしまいます

 

 

どこが何故重要なのか?

 

簡潔に書いていきますので、是非参考にしてください!!!( ´艸`)

 

 

足だけでなく身体全体を左右に揺らす

 

よくある間違いが足だけを動かしてシザースのフェイントをしてるつもりの人が多い印象です

 

 

これは本当に意味がありません笑

 

 

何故かというと足だけ動かしても「今からシザースして相手をフェイントにかけまーす」と言ってるようなもんだからです

 

 

ボールを基本触らず跨ぐフェイントのため身体の動きをいれないとその場に止まっているだけですし

 

DF側からするとボールの動きはほとんど変化がないため相手攻撃選手の進行方向だけに備えるだけで防げてしまいます

 

 

 

シザースのドリブルテクニックの意味は「この方向にカットインするふりをして跨いで逆側にカットインして進む」ためのドリブルテクニックです

 

 

文字に起こすとどうですか?

 

足だけ動かしても左右どっちに進むか相手を悩ますことはできないと思いませんでしたか?

 

 

そうです!

 

左右に重心を動かすボディフェイクが根幹にあって+ボールを跨いで守りながら左右に揺さぶるフェイントをするのが重要なのです

 

 

相手を抜き去るではなく守備するタイミングをズラせるのが強み

相手を抜き去るためにとにかく跨ぎまくり揺さぶりまくる人がいます

 

 

これも半分間違いです笑

 

 

揺さぶる点は合っていますが、跨ぐ回数が多ければ多いほど相手を欺きやすくなるわけでも抜き去りやすくなるわけでもないです

 

 

重要なのは相手にボールを奪いにいくタイミングを与えずにズラすことです

 

このシザースフェイントはその点が強みなのです

 

相手からボールを足で守りながらも「奪いに来たら躱しますよ?」と誘うように跨ぐことで相手は必要以上に距離を詰めれなくなります

 

 

そして迷っていたら跨がず急カットインすることでタイミングをズラすことができれば相手を抜きされるのです!!

 

 

なのでドリブル中のテンポを変えるためや相手DFの足を止めさせるためにタイミングを意識して使って見てください!!

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

 

少々分かりにくい点もあったかもしれませんが、シザースフェイントは相手のボールを奪うタイミングをズラしつつ足を止めさせてその隙をつくテクニックとして最適ということを理解しておいてください( ´艸`)

 

テクニック自体は難しくないので、使う場面をしっかり理解していれば大きな武器になります

 

 

ボディフェイクについてはこちらも参考にどうぞ!

http://charmi-papamama.com/ドリブルが上手くなる%ef%bc%81%e3%80%80ボディフェイクのコツ/

 

 

 

ではでは、また~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-サッカー, ドリブル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レアルの中盤 バルベルデの魅力

  こんにちわ   チャーミーパパです   今回は私が最近特に注目していて、好きな選手の一人   フェデリコ・バルベルデ選手について書いていきます   …

サッカー ボランチ

サッカー 【オフ・ザ・ボール 動きの質が変わる!】パス&ゴーの習慣化

サッカー界において日本と欧州で大きく差があるのが「ポジショニング」と言われています。   適切な場面で正しい位置に常にいて、次の選択すべきプレーを判断してボールを受ける動きや相手の攻め方に合 …

サッカー ディフェンス

実は超重要!サッカー サイドハーフ 基本的な守備の動き

サッカーのディフェンスにおいて、中央を守りながらサイドにボールを保持している相手選手を追い込んで、嵌めとるという動きはサッカーにおいて守備の基本であり、真髄です。 サイドハーフ、サイドバックの守備の動 …

サッカー トップ下

司令塔からリンクマンへ サッカー トップ下の役割

日本でのサッカーの花形ポジションといえば、少し前まで「トップ下」中盤の攻撃的な位置にいるMFでした。 守備の役割を免除する代わりに攻撃の軸となりチャンスメイク、得点を狙うというチームのエース的立場でし …

サッカー ループシュートのコツ

  こんにちわ     チャーミーパパです     今回はサッカーのシュートテクニックの1つ「ループシュート」について書いていきます   & …