チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー スピード ドリブル

サッカー ドリブルテクニック 裏街道のコツ

投稿日:

こんにちわ

チャーミーパパです

 

 

今回はドリブルテクニックの1つ「裏街道」について解説とコツを書いていきます

 

スピードを最大限に活かした一撃必殺いえるテクニック

 

スペースのある限られた状況でしか使えないですが

その限られた状況を生み出すコツと使える試合展開を理解していれば

 

足元の技術がなくても速さで一気にDF陣を突破できます

 

 

よろしければ是非ご参考にしてください!!

 

 

1.確実に使える状況を作り出すオフザボールの動き

スピードと相手DFの裏のスペースを活かさなければ、ボールを足元から大きく離すテクニックなので

 

相手DFを躱しきれず身体を入れられたり、別の相手DFのフォローでボールを奪われたりなど

 

簡単に防がられてしまいます!

 

それを避けるためにまず、ドリブルを仕掛ける側が有利な立ち位置である必要があります

 

 

 

 

①まず可能な限り自身がスピードに乗っている状況

 

②ボールを受けた段階で周囲にスペースがあり相手DFの足が止まっている

 

③裏街道を行う直前、ギリギリまで相手を正面で正対して引き付ける

 

 

この3点をオフ・ザ・ボールの段階で見極めボールを持って実行すれば確実に勝てると思えるくらいの状況を作りましょう!

 

 

 

2.上手くいかなくてもボールを奪い返す、カウンターにさせない意識

上記で述べたように確実に「いける!」と思える場面でも失敗する時は当然あります

 

上手くいけば時間をかけずに突破できるテクニックですが、足元から大きくボールを離す分失敗率も高いのがネックです

 

 

なので、重要なのが失敗した場合の対処です

 

多くの場合が前に蹴りだしたボールを相手に身体を入れられて奪われてしまうパターン

 

 

この場合、相手はこちらに対して背を向けてキープしようとしているはずです

 

ボールを奪い返すのは難しいですが、それでも足を出しながら前はもちろん、横にも向かせないようキツくプレスをかけてください

 

相手のミスを誘えますし、何より即カウンターという状況を防げます!

 

 

失敗を恐れず、失敗しても奪い返すもしくはカウンターを防ぐ

 

 

 

これをしっかり意識すればチャレンジする勇気も出ますし、失敗しても慌てず対処できます

 

 

 

 

多くの人がドリブル失敗した後うつむいたり、気持ちが切れてしまうことがあります

 

 

それではただただ失敗したダメージが味方に残るだけなので、それをどれだけ軽減できるかでチームが救われるので忘れないようにしてください!

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

スピードドリブルの代表テクニックともいえる裏街道

 

失敗もしやすいですが、成功した時はゴールにつながる決定的なプレーにもなります

 

 

失敗しても対処し何度でもチャレンジして相手に恐れられるプレイヤーになりましょう!!

 

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

 

 

 

 

-サッカー, スピード, ドリブル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナウイルスに負けるな サッカーの魅力の再認識

こんにちわ   チャーミーパパです       最近は皆さんどうお過ごしですか?     巷はコロナウイルスの影響で学生の卒業式、各企業や飲 …

サッカー上達するコツ 落ち着き

こんにちわ。チャーミーパパです!今回はサッカーが上達するコツの1つを私なりに解説してみたいと思います。  まず初心者なら絶対に意識してほしいこと 私は小学2年生から地元サッカークラブに入り、社会人にな …

サッカー ロングキックが上手くなる蹴り方

こんにちわ チャーミーパパです     今回はサッカーの試合で流れを変えるのに有効な技術、パスワークにおいて正確性がより求められるロングキックについて書いていきます。   …

サッカー日本代表 リヴァプール 南野選手の適性ポジション

こんにちわ   チャーミーパパです       今回は先日の親善試合ブラックプール戦でMOM級の活躍をした南野選手について書いていこうと思います   …

サッカー日本代表

負けられない試合 サッカー日本代表 日本対韓国 ハイライト解説

3/25 1年4か月ぶりの日本ホームスタジアムでの代表戦が開催されました。 しかも今回は日本のアジア最高のライバル「韓国」との試合です。 これは見逃せないと、夜からテレビ前に待機して試合を観戦しました …