チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー パス ボールタッチ

ボランチ必見 ビルドアップのコツ①

投稿日:

こんにちわ

 

 

チャーミーパパです

 

 

今回はボランチ経験者はもちろん、初心者も難しいと感じる

 

「ビルドアップ」について解説とちょっとしたコツを書いていきます

 

 

ボランチは中盤での司令塔を言われるだけあり、多くのボールに関わりパスやドリブルなどで

 

相手陣内へ相手を押し込みつつ、前線の味方へボールを繋げゴールへのチャンスを生み出す役割を求められます

 

 

近年ではその役割も変化がありますが、そのあたりも含めて書いていきますね!

 

 

 ビルドアップはボランチだけの役割ではなくなってきている

まず近代サッカーでは中盤での攻守の入れ替わりが激しく、ゲーゲンプレスつまり前線からの守備が当たり前の時代になってきました

 

 

ですので、中盤の底でまずボールを受けるボランチに対してのプレスが年々厳しくなっています

 

 

これにより「ボランチからビルドアップを始める」ということ自体が困難に(´;ω;`)

 

 

その代わりにセンターバックやサイドバックがビルドアップの役割をこなすなど

 

 

比較的プレスの薄いポジションからビルドアップを行う傾向が多くなりました

 

 

そしてボランチはより運動量や上下左右に素早く動く推進力、スピードが求められるようになりゲームメイカーでもありゴールも狙う能力も備えなければならない

 

 

以前よりも攻撃的でありつつもマルチタスクが可能な選手が担うポジションに変貌しつつあります

 

 

 

とはいえやはり中盤でボールを受けて相手の陣形を崩していかないと試合を有利には進められません

 

 

それが出来るのはボランチだけなのです

 

 

 

では、ボランチはどうやってビルドアップを行うかちょっとしたコツを解説します

 

 

 

ボールに触れてる間は極力少ないタッチだけど誰よりもボールを受ける

 

ボランチのポジションをこなす選手は比較的テクニックやボールを奪われない自信のある選手が多いので「ボールタッチが多くなる傾向」があります

 

ビルドアップやゲームメイクのためにどうしようか?ああしようか?など

 

考えているうちに個人技に頼ってしまったり味方へのパスが遅くなったり、無理にボールを受けて相手に奪われてしまうなど、無駄な動きが多くなります

 

 

 

1回で受けてさあ俺がなんとかしようではなく、自陣では1タッチ2タッチなどボールを触る時間を極力短くし簡単にフリーの味方へ繋ぎながら

 

自身が万全の態勢でボールを受けれるように味方をコントロールするのです!

 

 

誰よりもボールを呼び込む動き、声出しを行いながら受けた際はなるべく無駄をなくし状況に合わせたタッチ数、テンポでパスを出す

 

 

プレスの緩く味方へのパスが警戒されている時こそドリブルで運ぶチャンスなど

 

 

自分だけでビルドアップするのではなく、味方を使いながら自身が一番ボールに関与して一番多くのパス出しを行う意識を持たないといけません!

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

 

ボランチだからといってゲームメイクの役割を一任されているわけではないと共に

 

誰よりもボールを受けて素早くパスを繋いでいかないといけないポジションであること

 

 

それをしっかり理解しなければなりません

 

 

チームメイトとしっかりイメージを共有し、やるべきことをキチンと理解してもらう

 

そんな選手になれるようがんばってください!!

 

そうすれば自ずとビルドアップのスムーズな形が見えてきます

 

どんどんチャレンジしていきましょう!!

 

 

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-サッカー, パス, ボールタッチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー アウトサイドキックの利点 コツ

        こんにちわ   チャーミーパパです     今回はトリッキーなキック技術の1つ「アウトサイドキック」について書いて …

サッカー ディフェンス

実は超重要!サッカー サイドハーフ 基本的な守備の動き

サッカーのディフェンスにおいて、中央を守りながらサイドにボールを保持している相手選手を追い込んで、嵌めとるという動きはサッカーにおいて守備の基本であり、真髄です。 サイドハーフ、サイドバックの守備の動 …

日本代表 サッカー

予想外のスコアに!? カタールW杯2次予選 日本代表 モンゴル戦 解説と感想

前回の韓国戦からついにカタールW杯の2次予選が再開されました。 相手はモンゴル代表。 アジアでは強豪国と言われている日本でしたが、過去何度もアジア予選で苦しめられてきました。 そんな中、今回の試合は予 …

サッカー サイドハーフ

【精度が大事】サッカー ウイング サイドからのクロスで意識すること

現代サッカーにおいてサイドアタックをいかに成功させるかが試合の勝敗に大きな影響を与えます。 ウイングのポジションならサイド攻撃で相手DFを躱して、中央ゴール前付近へクロスを供給するシーンはよくあります …

サッカー トップ下

司令塔からリンクマンへ サッカー トップ下の役割

日本でのサッカーの花形ポジションといえば、少し前まで「トップ下」中盤の攻撃的な位置にいるMFでした。 守備の役割を免除する代わりに攻撃の軸となりチャンスメイク、得点を狙うというチームのエース的立場でし …