チャーミーパパの好きこそ物の上手なれ

誰でも楽しめるサッカー知識、心理面研究を提供。たまにYouTube、旅行記など豆知識をゆるゆる書きます。~~楽しまず球蹴ることなかれ~~

サッカー 守備

レアルの中盤 バルベルデの魅力

投稿日:

 

こんにちわ

 

チャーミーパパです

 

今回は私が最近特に注目していて、好きな選手の一人

 

フェデリコ・バルベルデ選手について書いていきます

 

 

22歳とまだ若いですが、名門クラブであるレアル・マドリードに所属

 

レアルの中盤でとにかく献身的に走りまくりチームを救い続けてくれるボックストゥボックスの選手です

 

 

では、具体的にはどこが凄いの?という疑問点を個人的見解も含めて書いていきます

 

 

よろしければ是非、ご参考にしてください!!

1.献身性と球際の強さ

引用先:https://twitter.com/fedeevalverde/status/1311445319771664384/photo/1

 

バルベルテ選手の魅力は何よりもその豊富な運動量と球際の強さです

 

 

コート内を縦横無尽に走りまわり、味方のサポートをこなしながら

 

味方がボールを奪われた際は即座に奪い返せる球際の強さが世界トップクラスです

 

タックルやスライディングのタイミングが素晴らしく、相手が躱しにくい瞬間や死角を上手く突いてボールを奪う技術が秀逸です

 

 

もちろんビッグクラブであるレアル・マドリードに所属しているので技術もあるのですが

 

華やかでスマートなプレーではなく泥臭くてもチームがより助かるプレーやカウンターを受けた時の守備など

 

体力的にも精神的にもしんどい役割を迷わず行える強さがチームを支えます

 

 

2.ボランチとして万能さも兼ね備える

もちろん運動量と球際の強さだけの選手ではありません

 

もうひとつの魅力はそのプレーの万能さ

 

味方へのパスコースが空いていれば少ないタッチで長短のパスをしっかり散らす

 

パスコースが無ければ推進力のあるドリブルで前線まで一気に運び味方へ預ける

 

隙があればバイタルエリア内に侵入しゴールを狙うなど

 

そのうえ全てのプレーが泥臭くも質が高いのでミスが少ない

 

 

 

味方へ即座にサポートする距離を常に取りながらも豊富なプレーの幅があるので

 

状況に合わせて相手の嫌がるプレーが出来る万能さ

 

これがバルベルデ選手にはあるのです!

 

 

中盤のバランサーの選手としては理想的です

 

 

味方にとっては頼もしく相手にとってはうっとおしい

 

試合に大きな影響を与えれる選手です

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

 

レアルの中盤でスタメン争いをしているバルベルデ選手ですが、間違いなく将来クラブの中心選手に成長するでしょう

 

 

彼の活躍に期待せずにはいられません!!

 

 

いちファンとして今後も見届けます( ´艸`)

 

 

 

 

 

ではでは、また~~~~

 

 

-サッカー, 守備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー ボールキープ

【攻撃の要になれる】サッカー センターフォワード ポストプレーの重要性

サッカーにおいて最前線で攻撃に起点になることで、中盤や他攻撃陣の選手が攻撃参加できるように時間を作れる選手は非常に貴重です。 質、安定感の高い「ポストプレー」はチームの攻撃の厚みを増やし、相手DFから …

サッカー日本代表

負けられない試合 サッカー日本代表 日本対韓国 ハイライト解説

3/25 1年4か月ぶりの日本ホームスタジアムでの代表戦が開催されました。 しかも今回は日本のアジア最高のライバル「韓国」との試合です。 これは見逃せないと、夜からテレビ前に待機して試合を観戦しました …

サッカー 試合の流れを変える! 攻撃のスイッチを入れる縦パスとは?

サッカーの試合中において流れ、リズムが変わる瞬間はありませんか?   多くの場合、お互いが自陣ゴールに近づかせないよう守っているので、攻めたくても奪われないよう安全圏でボールを回す時間は必ず …

フランス代表のエース キリアン・ムバッペ選手の凄い所

こんにちわ   チャーミーパパです。     今回は私が個人的に大好きな選手の一人、キリアン・ムバッぺ(エンバぺ)選手について書いていきます。     …

サッカー インサイドキックの重要性

こんにちわ   チャーミーパパです     今回はサッカーの基本かつ最重要な蹴り方   インサイドキックについて書いていきます     シン …